発達特性活用コンサルティング

発達特性のある従業員の方は、その活用の仕方によって大きく御社の業績に影響します。

特性を理解し、効果的な人材活用をすれば、そのスキルを遺憾なく発揮し業績を伸ばすだけでなく、二次障害を併発などせず、従業員のライフワークも充実していきます。

正のスパイラルが生まれてきます。

逆に、不適切な活用をすれば、苦手な業務を与えて業績が下がるどころか、精神疾患などの二次障害を併発して休職、退職といった状況にまで陥ってしまいます。

発達特性は個人で全て異なります。

御社の状況を踏まえ、適切なコンサルティングを実施いたします。

まずは問い合わせフォームからご相談をお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました